So-net無料ブログ作成

ほたる [暮らし]

お昼頃、JAFを呼んで、3週間バッテリーの上がったままの愛車を始動してもらい、
夫がバッテリーを買いに行き、交換してやっと愛車が使えるようになった。

そのまま思い立ち、遅い午後、横浜方面に向かって車を走らせた。

向かったのは、川崎市にある「岡本太郎美術館」。
数週間前、昨年亡くなられた岡本敏子さんの本を読んで以来ずっと気になっていた。
どうしても見たかったのは「母の塔」。

美術館に入るには時間の余裕がなかったが、
「母の塔」をゆっくり堪能することができて大満足。
やっぱり、岡本太郎はすごい。


あまりにぼぉっとしたまま、つい「太陽の塔」のちいさなオブジェを買ってしまった・・。
(立ち読みして気になった「強く生きる言葉」「壁を破る言葉」もその後買ってしまったが・・)



まわりの生田緑地という場所がまたすばらしかった。
ちょうど緑のグラデーションが折り重なり、
木々のむせぶような勢いと、しっとりと境界線のない深くつながる視野の奥へ
心まで溶けていくようだった。


帰り道、ふと「ほたるのくにへ」というみちしるべに目が留まり、
夫を見る・・
「ちょっと・・降りてみる?」

ふたりで吸い込まれるようにして階段を降りていった。

歩いていくうち、ずんずんと子どもの頃の記憶が蘇ってくる。
新潟(長岡市)にいた頃、信濃川で見たホタルのたくさんのひかり。

夕暮れどき、ほたるが現れるまでにはまだ時間はたっぷりある。
そんなにいられないなぁ・・と互いに思いつつ(たぶん・・)、
なんとなく立ち去りがたく、
普段しないような話をだらだらと話したりしながら
日が暮れていった。

人がだんだんと集まってきて、
なんだなんだ・・・?!
といっている間に、見合わせる顔も暗闇に包まれていった。

毎年訪れるらしい人たちの声。

おずおずと歓声のあがる方へ歩き出すと、遥か彼方にぽつんぽつんと光るほたるがみえる。
騒がしい人の群れから離れたくてふたたび引き返す。

完全にふたりだけになったとき、
ふと、夫の頭の上をほたるがふわりふわりと輪を描いた。
光の残像が残る。
美しい色のひかりの輪だった。
またひとつ、とほたるが集まる。
夫が上に差し出した傘の天辺にほたるがまさにとまりそうで、思わず息をひそめた。

近くでみえたほたるの光はちいさいながら、軌跡を残し、
わたしの心に5歳の夏を鮮やかに描いた。

すばらしい一日。


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

ねこもかめもひともみんな・・ [暮らし]

あぁ・・・あったかい・・

ひさしぶりのひなたぼっこ

だ~れ~?あたまにのせるの

さ、さんまいも・・。わかったよ、、しかたにゃい、あそんでやるか・・

おじいさん、いつもありがとう

なかなか絵になるでしょ?

なんか~いいものくれるの~?

みんなでこうらぼし

・・サイコー!

・・・な一日。


nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

たまたま、のアンテナ [暮らし]

早朝、蒼い山々の尾根の向こうに、くっきりと真っ白な富士山が見えた。

7年越しの我が家のムスカリ、今年はたくさん花を咲かせてくれた。

たまたま、立ち寄った本屋で”クウネル”を購入(今日発売)。

ふとのぞいたCDショップで「オハナ百景」(ohana)を発見(喜)!

夕方の打ち合わせまでお茶を飲みながら、買ったばかりの”クウネル”を読んでいたら
なんと!ビビッとくるコトバや記事がずらり・・
今日のちいさな偶然のできごとにココロがぐるぐるしながら重なってほどけていく。

帰宅はとっくに夜中を回っていた。
でも、志を同じとする人たちとのごはんと対話はじつにおいしい時間。

・・なんだか、いけてないな~・・どうしたいんだ・・って思っていたけれど、
気がついてみれば、ちいさなしあわせをいっぱい手にしていた。

わたしのアンテナ、狂ってなくてよかった。
そう思えたきのう。

今、買ったばかりのohanaの音は、やさしい春をじんわり届けてくれる。


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

おいしい、ひと [暮らし]

先週は、生活のリズムがまるでぼろぼろだった我々ふたり。

こういうときは、愛車もご機嫌ナナメの様子。
エンジンかからず、朝からJAFの人のお世話に・・。(結局、原因はバッテリーにあったよう)

ふたりのエンジンはなかなかかからなかったが、
それでも、久しぶりにとれた休み時間。
思い立って、夕方、横浜方面へ車を走らせた。

今年はじめてのおいしいパンと、人に会いに。

一歩お店へ入ると、もうなつかしい空気に包まれる。
そしてすんなり話しだせるリズム。
お店でゆっくしたかったけれど、体調がまだイマイチだったので遠慮した。
でも、また、いつでも会いに来よう。

黒カンパーニュ、アーモンドのこうばしいパン、チーズと実のパン・・
どのパンも、歯ごたえもそれぞれ、ひとつひとつパンが表情を持っていて
濃く、豊かで、口に運ぶたび、元気になっていった。
パンを味わうほどに、いつもふわっと笑う店主の志が感じられるようだった。
やっぱり、最高。(「natanecafe」さんというお名前です)


nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

くらしでであうものたち [暮らし]


手づくりの栞を、ふたついただいた。
それぞれ裏表にはうさぎにかたどられた形、
やさしく縫われた春の花の刺繍、コラージュもうれしい。
どうもありがとう。



冬の冷たい風が吹く中、遠くの屋根と屋根の間、ねこがともだちをみつけたようだ。



ひさしぶりに焼けた、ちいさなゆうやけ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お姫様 [暮らし]

金曜日、深夜。
夫の、「ただいまー」の声に”えっさほいさっ!”の気配が交じり、
ぬうっと現れた。
夫の姿はすっぽり隠れている。

おおーーー!!

夫が会社からもらってきた、鉢植え。


胡蝶蘭。
花屋でみかけたことは何度もあるけれど、
新装開店やお祝いパーティーでみかけたこともあるけれど、

部屋にあると、その存在感の華やかなことよ・・

どこに置いても、なんとなく我が家には馴染まず、申し訳ない気持ちになってしまう(笑)

そばにあると、そわそわするので、隣の部屋に居ていただく。


翌朝。
新雪が降る中、胡蝶蘭は陽を浴びていた。

なんと、美しい!

どこから眺めても麗しい姿は、お姫様そのもの。
日差しの中、白い花はますます輝きを増し、うれしそうに微笑んでいるようだった。

雪の白と、胡蝶蘭の白。
キモチまで、すっぽり白の世界に包まれた。


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

土曜日の雪 [暮らし]

金曜、深夜から降りはじめた雪。
雪国の雪とは、降り方も積もり方もやはりどことなくちがうように感じる。

夫に、「雪の結晶って(写真に)写せないかな?」
と頼んだら、
しばらく外であれこれ試してくれたけれど、やはり無理だった。

子どもの頃、手袋に落ちた雪の結晶をどうしても母に見せたくて、
一目散に家に飛ぶようにして帰ったことを思い出していた。

氷点下まで気温が下がらないと無理なんだな・・

雪国育ちの夫にそう言われて、納得した。
わかってはいても、しょぼんとした。


日曜日、晴れた朝。
屋根は、ふわっと覆われた白でおいしそうなお菓子みたいだった。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

みちしるべは、太陽と星。 [暮らし]

「皇帝ペンギン」を見た。

毎年、同じ日、同じ時刻、同じ場所、皇帝ペンギンの雌と雄は出遭う。
雄は雄として、
雌は雌として、
その役割を果たすために。
自然の理の中、たすけあい、命をのこす。

幾つものキャラバンがどこからともなく集まり、列に交わり、行進していく。
ただ、本能に突き動かされるまま、
ただ、自ずの心に従い、
同じものを目指して。

自分の運命を、命を、しっかりと受け止め、
迷いなく前を向いて歩き続ける・・命を全うする姿。
その一歩一歩の歩みは、揺るぎない。

生きる術、
生きる場所、
みちしるべを、知っている。

さらなる運命の果てをも、もう含んで知っているかのように、
雄弁な歩みが、堂々と物語っていた。

今の自分に足りないもの、シンプルだがずっしりと重い確かなことを与えられた。


nice!(2)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

咲いた! [暮らし]

実家の鉢植えが、みんな揃って咲いた。(あぁー・・なんてうれしいんだろう)

今年の冬、急激に寒さが厳しくなったことから、鉢植えたちを家に入れたところ、
お正月までの間、次々に花はほころんでいき、あっという間に満開に。
つぼみもぷくぷくつるんとして、なんとも愛らしいことよ!

母も、父も、みんな顔をほころばせていた。
家の中に、とっておきの春がやってきたような感じ。

(↓写真は残念ながら咲く前に撮ったもの。満開を撮り損なった)

(↓おまけ:この松かさは夫がお正月帰省したときのお土産。
 薔薇の花のようなカタチ。バンビと一緒に)


nice!(2) 
共通テーマ:日記・雑感

近くの公園で。 [暮らし]

春とはまったくちがう表情の桜の木々たち

さわさわ・・
上を歩くことが一瞬ためらわれる

地上でも、空でも

映える


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。